重野なおき

2009/12/18

ぼくの彼女はウエートレス

Img537 重野なおき 著。まんがホームにて1999年連載開始、まんがタイムオリジナルとの2誌連載を経て、2004年連載終了、単行本全3巻完結。

 23歳の星野アリスは、流行っているとはいいがたい喫茶店「with」の看板ウエートレス。料理はまったくできませんが、明るく元気な応対でお客様をお出迎えします。そんなアリスの彼氏は、同じく23歳の山本トシミツ。出会いは3年前、身長192センチのトシミツが営業回り中に立ち寄ったwitnの入り口で頭をぶつけてしまい、それをアリスが介抱したのがきっかけで二人は付き合うようになり、同時にトシミツはここ喫茶withの常連となったのです。さぁ、喫茶with、本日も開店です!

 そんな感じの、喫茶店コメディー4コマ。メイン舞台は喫茶withでありメイン主人公はアリスで間違いないのですが、アリスと喫茶店どちらも出てこない4コマもあるので、若干まとまりがない印象をうけます。特にトシミツの会社のチーフは、アリスと面識も無いのに出番が多く、まとまりを感じさせない一番の原因になっていました。ところが物語終盤で、そのチーフが実は……という感じで隠されていた設定が明らかになり、出番が多かったこと自体は納得できました。でもそれなら、もっと早い時期に読者にだけはネタばらししとくとかのほうが、個人的には良かったと思うんですけどねー。

 作品自体は問題なく面白いんですが、作者の他作に比べると、若干キャラが弱いかなー、という気はします。いや、キャラが弱いんじゃなくて、サブキャラが強すぎてメインキャラが押されてる、という感じかな。特にwithのマスター親子が強いため、いっそ喫茶withという舞台を主人公にしておいたほうが良かったのかもしれません。そしてそうなると、やっぱり上記のチーフネタが浮いてしまうんですよね。やはりその部分が、ウイークポイントだったんだと言わざるをえないでしょう。チーフというキャラ自体は問題なかっただけに、残念です。

 作者は現在も複数というかたくさんの4コマ作品を連載中ですが、さらについ最近、まんがタイムジャンボにて新連載「じょしもん」を開始。平凡な女子高生が入部した生物部は、マッドな動物がたくさんいて……という感じの作品で、面白そうではありますが、正直そんなに連載かかえて大丈夫なんですか? なんて心配になってしまいます。「ひまじん」が現在休載中で、再開する頃には「たびびと」が終わりそう? という感じなので、一応連載数は変わってない、ということなのかなー。

| | コメント (0)

2009/09/13

のの美捜査中!

Img441 重野なおき 著。ヤングアニマルにて2003年~07年にかけて連載、単行本全5巻完結。

 まるで小学生のような外観ながらも、東大法学部を首席で卒業し、国家公務員試験Ⅰ種を満点で合格。特例で警視待遇となるも、興味本位でパトカー3台を分解して2階級降格、火の不始末で警察庁を半焼させて3階級降格、結果巡査待遇としてこの桜台署に左遷させられてきた彼女の名は、野々村のの美。経歴通りに頭脳は抜群だが、見た目どおりに性格は子供っぽくて天然というのの美が、桜台署の先輩刑事、真田軍平や近藤ナツキらと共に、凶悪犯罪やどうでもいいような事件に立ち向かう! 行け、野々村のの美、練馬区の平和を守るのだ!

 実際には24歳だが見た目は小学生のような野々村のの美が主人公の、刑事ギャグ4コマ。事件が起き、ちゃんと解決もしますが、内容にはギャグが多量にちりばめられており、本物の刑事がこんなことしてたらアウトだよね、というネタは多数。ただしそういったギャップを笑う作品ですので、そういう意味ではまったく間違ってはいないのでしょう。のの美の刑事としては有能なんだけど、天然ボケな性格がその足を引っ張っている(というか、登場人物の多数がそういうパターンかもしれない)、という部分がギャグマンガとして非常に楽しい作品でした。決めゼリフは「真相みっけ」 しかし作中では、イマイチ流行っていないとネタにもされています。

 作者は現在も多数の連載を持っていますが、ヤングアニマルでは「信長の忍び」を2008年より連載中。その名の通り織田信長に仕える忍び(くのいち)、千鳥をを主人公とした戦国ギャグ4コマですが、元々のストーリーがはっきりとあるためにそれに振り回されてしまい、ギャグの切れが悪いなー、というのが今のところの正直な感想です。信長なんて有名なんですからストーリーを追うのはほどほどにして、もっと千鳥を中心としたギャグに偏った方がいいんじゃないのかなー、なんて思っています。

| | コメント (0)

2009/07/25

GoodMorningティーチャー

Img389 重野なおき 著。まんがライフにて1999年連載開始、2000年にまんがくらぶオリジナルとの2誌連載に移行し、現在も連載中。単行本11巻まで以下続刊。

 千葉県立柏葉高等学校の新任教師、東進太郎の朝は、ものすごい早起きから始まる。なぜならそれは彼が学校を好きすぎるからであり、毎朝学校へ一番乗りをするというのが、彼の学生時代からの日課だからなのだ。いきなり担任を受け持つことになった2年A組は、そろいもそろってひとクセもふたクセもある生徒たちばかり。だが、自称愛と炎の熱血社会科教師である東進太郎、クセの強さではまったく引けを取りません。さぁ、今日も学校に一番乗りし、熱血授業の開始です!

 そんな感じの、教師が主人公の学園4コマ。連載開始から10年と4コマでは異例の長期連載となっていますが、作中では一度学年が上がっただけで、基本的にはイソノ時空に取り込まれています。名目上の主役は東先生ですが、英語教師のヨーコ先生、保険医の沖田先生、東のクラスのウッチー、綾、ゆいゆい、上原、飯田番長、栗子、それに校長や教頭等、彼ら彼女らが順次メインを張っている、と言う方が正しいです。学園4コマとしてはオーソドックスではありますが、作者は教員免許を持っているとのことですし、理想の教師生活というものを体現してるのかもしれませんね。重野なおきらしいテンポと笑いもぎっしり詰まった、まさに代表作と言える作品だと思います。巻数が多いのがネックと言えばネックですが、ホント面白いですよ。

 上でイソノ時空に取り込まれていると書きましたが、それでも非常にゆっくりですが最近は時間が進んでいて、単行本11巻時点では3年の7月ですが、これが卒業まで行って終わるんだろうなー、というのが微妙に見えてきています。だいぶ引っ張っていたゆいゆいの進路ネタとかも、決まってきましたしね。特に心配しているわけではありませんが、きちんと最後まで描ききれることを祈っています。

| | コメント (0)

2009/05/10

ひまじん

Img313 重野なおき 著。まんがタイムジャンボにて2000年より連載中、単行本5巻まで以下続刊。

 ハタチで一人暮らしで引きこもり。そんなインドアフリーター、森川つぐみの毎日は、内職や在宅のアルバイトをしたり、友人の和久井理沙といっしょに室内で遊んだりと、ごくごく平凡に過ぎていきます。部屋は汚いし身なりはだらしないしいつもお金に困ってるしと、一見ずぼら無計画にも見えますが、1本1円の造花を1億本つくって家を建てるという将来の目標もあるし、それでギネスに載るという夢だってあります。今日もつぐみは部屋からは出ないけれど、それなりに季節の移ろいを感じたりしながら、日々をなんとなく過ごしていくのです。

 そんな感じの、ちょっとシュールなまったり系ギャグ4コマ。つぐみは引きこもりではありますが、必要に迫られれば外には出ますし、わりと社交的でもあるので、一般的なひきこもりのイメージとはちょっと違うかもしれません。話のほとんどがつぐみの1Kアパート内で展開され、登場人物も当初はメイン2人、サブ2人と少なく、よくそれだけの設定で話がつくれるなー、とちょっと驚きの作品でした。5巻まできてサブキャラは2人ほど増えましたが、それでも舞台は相変わらずアパート内だけだし、それでいて連載開始からもうすぐ10年というのは驚異の一言。きっといつまでもだらだらと続いていく作品なんでしょう。というかそうであってほしいです。

 現在、重野なおき4コマフェアと称して、3月~7月まで単行本が1冊づつ出ていたりします。もちろん楽しみなんですが、それよりも思うのは、相変わらず多作だなー、ということ。そろそろ新聞4コマの出番なんじゃないですかね……? まずはほら、週1くらいで。

 

| | コメント (0)

2008/11/04

うちの大家族

Images 重野なおき 著。まんがタウンオリジナルにて2002年連載開始、現在まんがタウン及びコミックハイにて連載中。単行本6巻まで以下続刊。

 千葉県在住の内野家は、父と三男五女+犬のなんと9人と1匹家族。時に笑い、時に喧嘩し、時にホロリと涙する。だけどこれだけは変わらない、みんな家族が大好きなんです!

 と言う感じの、大家族ファミリー4コマ。文句なしに面白いです。というか重野なおきの作品は、代表作GoodMorningティーチャーを筆頭に、どれもこれも本当に面白い。植田まさしを継ぐのは重野なおきだと勝手に思っています。

 重野なおきのもう一つ特筆すべき点は、生産量の多さ。この点でも植田まさしを継げると思います。すべて4コマですが、連載何本持ってるんだ? という感じです。しかもこのうちの大家族は、まんがタウンとコミックハイの2誌(共に月刊誌)で連載していたりします。毎月いった何本4コマ描いてるの? すごすぎね? 新聞4コマだっていけるんじゃね?

 そして私のお気に入りは、次女キリカ。口では冷めた物の言い方をしても、実際には家族のことをきちんと考えている良い子です(聞いてない

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り