森薫

2009/10/18

乙嫁語り

Img475 森薫 著。Fellows!にて2008年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 19世紀中央アジア、カスピ海周辺の地方都市に定住するエイホン家に嫁いできたのは、アミル=ハルガルという二十歳の若いとは言えない女性だった。十二歳の花婿、カルルクは聞いていた話と違ったことで驚いてはしまったが、それでも式を挙げ、二人は一緒に暮らしはじめる。やがて、少し変わったところはあるものの、裏表の無い真っ直ぐな性格のアミルは、エイホン家の大家族に受け入れられていく。ところが、カルルクとアミルが遊牧をしている叔父、ウマク家を訪ね、絆を確かめ合っていたときに、事件は起こる。なんとアミルの兄、アゼルの一行がエイホン家に現れ、あの結婚は手違いであったので、アミルを連れて帰る、と言うのであった……。

 そんな出だしの、中央アジア(カスピ海の東側地域)を舞台とした、アミルとカルルク(とその家族)の物語。タイトルはおそらく乙女+嫁+物語の合成であり、新婚物と言ってもいいのでしょう。副題も The Bride’s Stories ですしね。上記あらすじ後半のような筋となりうるストーリーはありますが、やはり真骨頂はその辺りとはまったく関係のない、日常生活をただ描くという部分。裏表が無さ過ぎてやや融通に欠けるアミルと他者の会話はそれだけで楽しいですし、馬に乗ったり、弓を射たり、ザクロを取ったり、キツネを捌いたり、歌を歌ったり、パンを焼いたりといった本来なら単なる日常の一場面も、緻密な柄や細工を描くのが大好きな作者の手にかかれば、あっというまに素敵な物語に変わってしまいます。読む作品というよりは、なんだろう、かみしめるじゃなくて、読みしめるような作品。読めば読むほど、単なる日常生活だというのに、味が出てくるわけですよ(落ち着け

 前作にして代表作「エマ」と比べると、舞台は英国から中央アジアへと変わり、メイドさんも一切出てこなくなったわけですが、森薫はまったく変わっていなかった。ぜひ今後も、このまま行って欲しい。心からそう思える作品です。

 ちなみに、この当時、地方での女子の結婚適齢期は15~6歳とのことなので、アミルはだいぶいきおくれということになるようですが、何故いきおくれているのかは不明。そういった隠された設定も色々あるようですし、今後とも楽しみにしたいと思います。唯一の不安は、掲載誌が持つかどうかってことかな……(涙) まぁ仮に持たなくても、コミックビームという受け皿はありますけどね。

| | コメント (0)

2009/06/15

シャーリー

Img348 森薫 著。同人誌にて1~5話を2000年頃に発表、その後2006年にコミックビームFellows! Volume2(現在隔月誌として発行中の「fellows!」とは別物)にて新たに2話発表。単行本1巻まで。

 カフェ「モナ・リザ」の女主人、ベネット・クランリーがある日夜遅くに家に帰ると、そこにはシャーリー・メディスンと名乗る女の子が待ちかまえていた。彼女はベネットが新聞に出した、住み込みメイドの求人を見てやってきたのだと言う。確かにメイドの募集はしていたものの、シャーリーが13歳と聞いて、ベネットはあまりに若すぎると悩んでしまう。だが両親はいない、住む場所もないと聞いてしまった以上追い出すわけにもいかず、ベネットは覚悟を決めてシャーリーを雇うと決める。ところが翌日、ベネットが仕事先から帰宅すると、一人で暮らすには大きすぎてまともに掃除もできていなかった家の中は見違えるほどに綺麗になっており、出された夕食は文句なしく美味しい出来であった。満足したベネットは、改めてシャーリーにこれからどうぞよろしくね、と言うのであった。

 そんな感じの、おそらくは「エマ」と同様19世紀末の英国を舞台とした、ベネットとシャーリーの日常を描いたマンガ。まぁなんというか、アレだ、シャーリーは萌えます。というか、作者が萌えながら描いてるんですもん、読者が萌えずにどうする、って感じですね。メイドとしての能力は高いし性格も真面目なのに、両親はおらず住むところも無いというちょっと不憫な設定。きちんとしたメイド服を身につけたことを思わずスカートを翻してみてしまうくらい喜んだり、人形をもらってはしゃいで喜ぶことはないけれど、食事の支度も忘れて服をつくってあげようとしたりと、一挙手一投足がもうとにかくかわいすぎなんですよこんちくしょー。

 その後エマの連載が始まり、作者は同人からは離れてしまったわけですが、2006年に今度は商業誌に新しい話が載るという嬉しい展開が待っていました。さらにはその後書きで、まだちょっと描き足りないので、こんな感じで時々描いていきたい、というコメントまであったりします。もう大歓迎ですので、のんびり気長にお待ちしていますよー。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り