皆川亮二

2009/12/29

SPRIGGAN

Img553 原作・たかしげ宙、作画・皆川亮二。週刊少年サンデーにて1990年連載開始、その後掲載誌を週刊少年サンデー増刊号に移し、96年完結。単行本全11巻。画像は文庫版全8巻。

 高度に発達しすぎてしまったが為に滅んだと言われる、超古代文明。彼らが残した様々な遺産は、現代の科学力では到底解明できないような、恐るべき力を秘めた物ばかりだった。そんな折に深海の底から発見された、年代も材質も不明の金属プレート。それには古代ヘブライ語で「我々が残した様々な遺産を、悪しき目的の者から守ってほしい」というメッセージが刻まれていた。全世界規模の巨大財閥、アーカム財団に所属するS級エージェント、通称スプリガンの一員である男子高校生、御神苗優の仕事は、そういった古代文明を守り、封印すること。例え背後にアメリカやロシアといった巨大国家がついていようとも、相手の目的が古代技術の戦争利用である限り、一歩も引くことは許されないのだ……!

 そんな設定のSFアクション。神話に出てくるような様々な古代技術は、超古代文明が残した遺産だった、という設定のもと、それを奪おうとする様々な組織と、優たちスプリガンの戦いを描く、という感じの内容です。扱う遺跡、遺物は、メギドの炎、ノアの箱船、バベルの塔、水晶髑髏、オリハルコン、賢者の石、等々一般に知られているものが多く、対抗組織もアメリカやロシアを筆頭とした知名度の高いものばかりなので、「もし本当に古代文明から現代の科学力を超える技術が発見されたらどうなるか」を考えたとき、本当にこのマンガのようになってもおかしくはない、と思えるようなつくりになっています。むしろ一番現実的でないのはアーカム財団なのでしょうが、そのあたりの話も作中で語られており、ある程度満足はいきます。まぁ、そういった政治的駆け引き部分よりも、最前線で戦う御神苗優たちが繰り広げる人間ドラマとバトル、が一番面白い部分だとは思いますけどね。

 作者はその後、複数の作品を発表していますが、個人的にはアニメ化もされた「ARMS」と現在連載中の「ADAMAS」が、スプリガンの後を継ぐ作品と言えるんじゃないかなー、と思っています。なのでどっちかと言うと、私は原作担当のたかしげ宙よりも、作画担当の皆川亮二の方が好きなんでしょうね。原作と作画が違うマンガの場合、たいてい私は原作びいきだと自分では思っているだけに、めずらしい結果だと思っています。

| | コメント (0)

2009/06/22

ARMS

Img356 皆川亮二 著(原案協力・七月鏡一)。週刊少年サンデーにて1997年~2002年にかけて連載、単行本全22巻完結。

 幼少時に大怪我をし、それ以来どんな怪我もすぐに治ってしまうという右腕を持つ自称平凡な高校生、高槻涼。実はその右腕には、コードネーム「ジャバウォック」の名で呼ばれるARMS(ナノマシンの集合体)が移植されており、本人の意識に応じて、人間をはるかに超えた能力を発揮することができるのだった。同じく「ナイト」を左腕に移植された新宮隼人、「ホワイトラビット」を両足に移植された巴武士、「クイーンオブハート」を両目に移植された久留間恵らと共に、涼は捕らえられた幼なじみ、赤木カツミを救うため、ARMSを狙う謎の組織、エグリゴリに立ち向かう……!

 そんな設定の、SFバトルアクション。エグリゴリは各国政府と特殊な協力関係を結んでいる巨大軍需産業を資金源とした秘密組織、という設定のため、もう涼たちに対する攻撃の手がハンパじゃないです。CROW、チャペルの双子、クリムゾン・トライアッド、X-ARMY、レッドキャップス、等々……と、ホント次から次に襲いかかってきます。その中から、一人二人と仲間になっていくキャラが出てくるのもお約束。涼たちのARMSは当初は身体の一部だけが変形するのですが、そのうちに全身が変身するようになったりとのパワーアップもお約束。死んだと思った幼なじみが生きていて、しかもラスボスとなって帰ってくるのもお約束。そんなお約束満載のストーリーではありますが、作者の前作「スプリガン」で培った圧倒的な表現力と合わさることで、実に見事な作品と相成りました。

 ストーリーも表現も良かったですが、合い言葉となる台詞がまた良かったです。涼たちが内なるARMSから呼びかけられる台詞 「力が欲しいか? 力が欲しいのなら……くれてやる!」 この台詞は、多分生涯忘れないと思います。また、4人目のARMS、久留間恵だけは変身をせず、この台詞もずっと出なかったのですが、グランドキャニオンでの戦闘でついに出た「光(ちから)が欲しい? 光(ちから)が欲しいのなら……与えましょう……!」を読んだ時には、身体が震えたものでした。最高です。

 連載期間は5年と、意外に短かかったなー、という印象ではありますが、長期連載にするには新たな敵を出し続けなければならないわけですし、このくらいで良かったんでしょうね。ホント、面白い作品でした。

 作者はその後も数々の作品を発表しており、どれも標準以上の面白さを保っていますが、また「スプリガン」やこの「ARMS」のようなバトルアクション物が読みたいなー、と思っています。あとそのうちでいいので、またサンデーに戻ってきてくださいね(多分無理

| | コメント (0)

2008/12/19

ADAMAS

Img133 脚本 岡エリ、作画 皆川亮二。イブニングにて2007年より不定期連載中。単行本2巻まで以下続刊。

 宝石に愛された女、龍崎麗華。普段はドラッグストアでアルバイトをしている彼女は、実はダイヤモンドの宝石使い(ジュエルマスター)であり、ダイヤを身につけた人間の心を読んだり、行動をコントロールしたりという特殊能力を持っていた。それ以外にも手にした宝石の真贋はもちろん原産地を知ることや、エメラルドなら遠視、アメジストならアルコール耐性と言った、宝石のパワーを引き出すこともできた。失踪した父を捜すため、また父が失踪する原因となった、シャニという宝石密売組織を潰すため、龍崎麗華は宝石使いとしての能力を発揮し、今日もアルバイトを早退して任務に赴くのだった。

「○○の宝石使い」という設定が当初からあったのかどうかちょっと疑問ではありますが、設定としてはその方がいいと思うし、問題ないでしょう。1巻では宝石使いは麗華しか出てこず、○○の宝石使い、という使い方もしていないのに、2巻ではラピスラズリの宝石使い、エメラルドの宝石使い、ムーンストーンの宝石使いと立て続けに出てきて、ちょっと展開にびっくりです。1巻の時は脚本 岡エリという名前も入っていないので、○○の宝石使い、という展開は、この脚本の人が考えたのかなー、とか想像しています。ちょっと展開が速すぎるかなーとは思いますが、今後はほとんど寄り道もせず、ラストまで一直線なのかもしれませんね。

 作者の作品は「スプリガン」「D-LIVE」等、どれも代表作と言って差し支えないものだと思いますが、私個人はアニメ化もされた「ARMS」が一番好きですね。「力がほしいのですか ならば与えましょう」のシーンとか、当時連載で読んでいてもうしびれたものです。またいつかサンデーに戻ってきてくれる日を待っています。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り