桜場コハル

2009/07/02

みなみけ

Img366 桜場コハル 著。週間ヤングマガジンにて2004年より連載中、単行本6巻まで以下続刊。

 長女で高校2年生の南春香は、一家の母親代わり。家事はなんでもおまかせですが、所帯じみてしまうのは仕方ありません。次女で中学2年生の南夏奈は、一家のトラブルメーカー。面白いと思うことを後先考えずにやってしまいますが、姉妹想いな一面も有り。三女で小学五年生の南千秋は、一家の影の支配者。末っ子ならではの素直な性格を持つ一方、我が儘さも併せ持っています。そんな南家三姉妹の、ほのぼの日常ストーリー。

「この物語は南家三姉妹の平凡な日常をたんたんと描くものです。過度な期待はしないでください」 というアオリ通りと言えば通りなんですが、平凡という言葉にはやや疑問が残る日常系ショートコメディ。ネタは確かに日常から拾ってきたものばかりですが、下地となる設定や人間関係等がやや平凡とは言えないと思います。もっとも、平凡なキャラで平凡なストーリーの話などわざわざ読みたくなるような物でもないでしょうし、そういう意味では別に不満はありませんけどね。

 ストーリーは有って無きが如しですし、ショートコメディ作品として何の不満もありませんが、絵柄に関してちょっと不満があります。一つは、表情を含めてリアル系の絵柄なのに、口だけはタマネギのような形というバランスの悪さ。ただしこの点は、オリジナリティーのある口の形ということで、もしかしたら美点なのかもしれません。もう一つは、キャラに動きが少なく、さらに背景も書き込みが極端に少なく白いこと。見開きで2ページを見たとき、背景が描いてあるコマの方が圧倒的に少ないです。ただしこの点は、それでも現状把握に問題が無いということで、もしかしたら可能な範囲でわざと背景を無くしているのかも? あれれ? 不満点を挙げているつもりなのに褒めてるような?

 えーと、その、あの……、そうそう、高校生、中学生、小学生の三姉妹に、それぞれの友だちが数人ずつ出てくるので意外にキャラが多く、ショートコメディということもあって出番のローテーションがなかなかまわってきません。私のお気に入りはチアキの友人、内田ユカなのですが、もっと、もっと出番を! いやまぁ、内田は比較的出番多い方ですけどね(聞いてない

 作者の前作「今日の5の2」も、リアル系、白い背景と似た感じではあるのですが、もっと絵柄が丸っこく、デフォルメされている感じなんですよね。みなみけの初期もそうだったのですが、今ではだいぶ違ってきてしまいました。その部分があるため、私はどうしても前作の方が好きですね。昨年アニメ化記念で今日の5の2の新作がヤンマガに載っていましたが、絵柄が今の物だったために、昔の方が良かったなー、と思ってしまいました。がっかり。

 そうは言いつつ、このみなみけもフツーに面白いので、たんたんと読み続けたいと思います。過度な期待はしませんよー。

| | コメント (0)

2009/03/28

今日の5の2

Img266 桜場コハル 著。別冊ヤングマガジンにて2002年~03年にかけて連載、単行本全1巻完結。

 5年2組の佐藤リョータは、給食のプリンや揚げパンに歓喜したり、サッカーで女子に敗けたのを悔しがったりと、まだまだお子様です。よくちょっとエッチなシーンに遭遇しますが、思わず目を背けてしまうような純情さも持ち合わせています。当然色恋にもまだ興味も関心も無いわけですが、そんなリョータだからこそ、幼なじみのクラスメイトの女子たちと対等に仲良く(?)遊んでいられるのです。

 一話完結方式の学園ショートラブコメ。基本的には5年2組の日々の出来事をただ綴っているだけですが、その際にわりとしょっちゅうスカートがめくれたり、胸元がはだけたりと、ちょいエロなシーンがあったりします。で、主人公のリョータが主にそういうシーンに出くわすわけですが、彼はそういった事にまだまだ関心がなく、オチは小学5年生という年相応のものになっている、というのがポイントの作品だと思います。非常にほほえましくて、読んでいて心地よくなれる作品です。

 作者の代表作と言えば、3度アニメ化もされた現在もヤンマガで隔週連載中の「みなみけ」でしょう。今日の5の2も地上波でアニメ化されましたが、これはみなみけのアニメがヒットしたという要因が大きいと思いますしね。で、そのみなみけをレビューせずに今日の5の2をレビューした理由は、当然私がこちらの方が好きだからなわけですが、その原因としては、絵柄の変化を起因とする親しみやすさの違いが一番大きな点だと思っています。

 具体的に言うと、今日の5の2の頃の絵柄は、顔のパーツも大きく線も太いいわゆるマンガ絵で、可愛いけどあまり特徴の無い絵、という感じでした。それに対してみなみけは、顔のパーツは小さく線も細く、より写実的にはなったけれど、絵としては温かみが減ってしまい、結果親しみやすさが減ってしまっていると思います。また、今日の5の2に比べてみなみけはキャラの動きがぎこちないというか少なく見えますが、それも絵の変化が産み出した弊害だと思うんですよね。

 だからと言って、みなみけがつまらないというわけではなく、十分面白いのですが、絵が今日の5の2の頃に戻ればもっといいのになー、なんて言いぐさは作者に対してものすごい失礼なんでしょうね。ごめんなさい。

 ちなみに、今日の5の2のお気に入りは、相原カズミと平川ナツミ。みなみけのお気に入りは、内田ユカです(聞いてない

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り