CLAMP

2009/11/30

×××HOLiC

Img514 CLAMP 著。週刊ヤングマガジンにて2003年連載開始、2009年にタイトルを「×××HOLiC・籠」と改め、現在も連載中。単行本15巻まで以下続刊。

 あやかしが視えてしまう高校生、四月一日君尋(わたぬき きみひろ)が迷い込んだ屋敷は、願いを叶える代わりにその願いに見合った大切な物をもらうという、不可思議な雰囲気の中に存在する店だった。その店の女主人、壱原侑子が言うには、この世には偶然は無く、四月一日がこの店に迷い込んだのも、また必然であるらしい。にわかには信じられない四月一日だったが、彼が名前と生年月日を伝えただけで、彼の家族構成や家庭環境、さらには彼があやかしを視て困っているということを侑子に言い当てられてしまい、唖然としてしまう。そして四月一日は侑子に言われるがまま、あやかしが視えなくなればいい、という願いを叶えてもらうことになるが、侑子がルールに則って求めたその対価は、なんと彼の労働力であった。かくして四月一日は、願いに見合った労働力が提供できるその日まで、この店でアルバイトをすることになるが、それは四月一日と侑子、そしてこの店を巡る不思議な物語の、始まりであった……。

 そんな出だしの、オカルトファンタジー。ストーリーの基本は、店にやってきた客の願いを叶えるべく、侑子と四月一日がその手助けをする、という感じですが、終わり方はハッピーエンドばかりではなく、むしろ暗示的な、依頼者にとってはバッドエンドな終わり方も多いです。侑子にも四月一日にも謎な部分は多く、特に四月一日の謎に関してはストーリーの大筋の一つとなっており、意図的に演出されている不可思議な雰囲気と相まって、物語の臨場感を高めてくれていると思います。連載開始から約6年が経ち、つい最近本誌の方では物語が大きく動いたのですが、果たしてこの物語の行き着く先はどこなのか。これからも楽しみに読み続けたいと思います。

 そしてこの作品で忘れてはいけないのは、同時期に週刊少年マガジンで始まり、つい最近完結した同作者の「ツバサ」と、大きくリンクしていたということ。リンクしていると言っても互いのメインストーリーが絡み合うわけではなく、ツバサの主人公たちが異世界であるHOLiCの世界に何度かやってきて、侑子に願いを叶えて貰う代わりに対価を支払う、という感じなわけですが……ごめんなさい、実は私はツバサの方を読んでいないので、あまり細かくはわかりません。連載開始当初は読んでいたんですが、いつのまにか読まなくなって、単行本も買って無くて……。というか、ツバサを読んでないのにHOLiCを語るなんて、間違ってると言われそうですね。しかしツバサは全28巻と、量的にもちょっと手が出しづらいん状態。「カードキャプターさくら」の主人公が高校生になった姿が出てくるらしいとか、ちょっと読みたい要素もあるのですが、ツバサの内容を知らずにHOLiCを読んでるだけでも十分面白いので、ホント悩み所です。

| | コメント (0)

2009/09/03

カードキャプターさくら

Img430 CLAMP 著。なかよしにて1996年~2000年にかけて連載、単行本全12巻完結。

 友枝小学校4年生の木之本桜は、ある日父の書庫で古い不思議な本を開いたところ、なんと本の表紙からケルベロスと名乗る小さなぬいぐるみのような生き物が出てくるという事態に遭遇する。実はケルベロスはこの本を守る封印の獣であるというのだが、本の中に収められていたはずのクロウカードという魔力を持ったカードは、ケルベロスが寝ている間にすべて無くなってしまっていた。クロウカードとは1枚1枚が生きていて、本から出てしまうと実体化し、様々な悪さをするのだという。ケルベロスはカードを再び集めるための協力者として、魔力が無ければ開けないはずのこの本を開いたさくらに目を付ける。こうしてケルベロスから封印の杖を渡されたさくらは、カードキャプター(捕獲者)としてご町内を守るため、今日も不思議な事件があった場所に出向き、カード集めにいそしむのであった。

 そんな感じの、魔法少女物。明確な敵もしくは敵組織というものは基本的に存在しない、古いタイプの魔法少女物です。クロウカードを1枚ずつ捕獲していくわけですが、次は捕獲したカードの能力を使ってまた次のカードを捕獲する、という感じの、順次パワーアップ要素入り。また、杖やカードに変身能力は無いのですが、同級生のお嬢様、大道寺知世がデザインした服を毎回着るという着せ替え要素も入っており、それまでの魔法少女物の美味しいとこ取りした作品、というふうにもとれそうです。主人公さくらの健気ながんばりっぷりがかわいく、読んでいるといつのまにか応援したくなるような作品でした。売れたが為に批判も多い作品だとは思いますが、私は大好きです。というか、私のマンガ人生を語るに外せない作品の一つですよ(聞いてない

 この作品はアニメ化もされており、ストーリーの細部には変更が加えられているものの、全体としては非常に満足な出来でした。さくらが星の杖を使えるようになるところなんかは、アニメ版の方が良かったと思えるくらいです。そして主人公さくらの声を充てていたのが、名前が同じ声優の丹下桜なわけですが、本日発売のDS用恋愛シミュレーションゲーム「ラブプラス」にて、その丹下桜がヒロインの一人の声を充てているのだそうです。え、さくらの声でギャルゲー? mjd? これは買い? いやいやいや落ち着け? これが落ち着いていられるか!(終了

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り