細野不二彦

2009/12/08

ダブル・フェイス

Img522 細野不二彦 著。ビッグコミックにて2002年より連載中、単行本19巻まで以下続刊。

 街の小さな消費者金融、月影ファイナンスに勤務する春居筆美は、普段はうだつのあがらない手品好きのサラリーマンだが、その正体は実は月影ファイナンスのオーナーであり、裏社会にその名を知られる魔術師、Dr.WHOO(ドクター・フー)でもあった。彼は街金での営業業務の傍ら、金銭的にもそれ以外でも借りをつくってしまったことで困っている人々を見るや、その債権が有効か無効かを判断。そしてひとたび無効と断じれば、Dr.WHOOとしてのマジックの腕前を巧みに使い、不良債権は本人に代わって必ず回収するのだった。

 そんな感じの、ダークヒーロー系のヒューマンストーリー。ストーリーの随所にトリックやイリュージョンが使われるのが特徴。ストーリーはしばらくは単発での勧善懲悪が続きますが、そのうちにDr.WHOOがかつて在籍し、現在も形式上は残っている? 黒淵機関と、その対抗組織の戦い、という流れになっていきます。法では裁けないような悪を裁く、というテーマに外れはないでしょうし、リアルの社会情勢を組み込んだ話作りにもなっているため、読んでいて気分が晴れる作品です。現実はこんなにうまくいくはずないよー、という部分は確かにありますが、それはそれ、創作作品なわけですから、問題ないでしょう。

 正直この作品は、トリックを色々考えなければならないという部分もあって、こんなに長期連載になるとは思っていなかったのですが、今や立派な代表作の一つになってしまいましたね。さすがにストーリーは黒淵機関絡みばかりになってしまいましたが、もう締めに入っているとは思いますし、来るべきラストに向けてどうなっていくのか、楽しみに読み続けたいと思います。

| | コメント (0)

2009/10/04

電波の城

Img461 細野不二彦 著。ビッグコミックスピリッツにて2005年より連載中、単行本8巻まで以下続刊。

 所属タレントは0で借金も山のようにあるという、元敏腕マネージャー、鯨岡平助の事務所に、ある日1人の女性がやってくる。元サッポロFMのアナウンサーで、気象予報士の資格も持つという25歳の女性、天宮詩織から、これを使えば借金も返せるし道も開けるのではと元所属タレントの流出画像を渡された鯨岡は、こんなものを使って成り上がろうなどとは考えてもいない、と写真を破り捨てるが、それは実は天宮が鯨岡の人となりを判断するための仕掛けだった。こうして鯨岡のことを信義に篤い男として認めた天宮は、なんとその場で一千万円の小切手を出し、社長の鯨岡ごとこと事務所を買い上げると宣言。そしてオーナーとなった天宮が鯨岡へ伝える最初の仕事は、一週間以内にBSでもCSでもいいから、天宮のアナウンサーとしての仕事を取ってくる、というものであった……。

 そんな出だしの、テレビ局(=電波の城)を舞台としたストーリーマンガ。一見すると成り上がり系に見えますが、この後天宮はBS局のお天気お姉さんとなるが、実は彼女には隠された事実があり……という感じで話は進んでいくので、成り上がり系では無いことは確かだと思います。天宮の目的はトップキャスターになる、ということになっていますが、どうやら幼少時のある宗教法人が起こした事件の真実を暴く? みたいな目的が潜んでいるようですし、その点からも確かでしょう。と言っても本当のところはまだわかりませんし、そもそも物語はまだまだ途中なんでしょうから、今後どうなるのか、楽しみに読み続けたいと思います。

 あとこの作品には、もう1人の主人公という立ち位置で、テレビ局記者の谷口という男が出てくるのですが、この男がイマイチ天宮に絡んでこないんですよね。まったく絡んでないわけではないのですが、立ち位置的にはもっと絡んでもおかしくないと思うんですよ。おそらくは今後絡んでくるのでしょうが、それが一体どのような形でやってくるのか、その点も楽しみにしたいと思います。

| | コメント (0)

2009/09/19

ママ

Img446 細野不二彦 著。ヤングサンデーにて1987年~92年にかけて連載、単行本全9巻完結。

 失恋したばかりの高校生、萩原行(コウ)は、引っ越し当日に自分だけ自転車で移動中、雨宿りに入った公園で一人の子供に出会う。まだ幼稚園にも入っていないようなその子供、留太郎にちょっかいをかけられ、ついムキになってしまったコウだったが、今度はそこに現れた留太郎の姉と思わしき女の子に変質者と勘違いされてしまう。なんとか誤解をといたコウは、その女の子、江夏みさをが働いている春巻食堂で、お詫びにとゴハンをごちそうになるが、同い年ということがわかり、会話もはずみ、コウはみさをのことをいいな、と思い始める。ところがなんと、最初に出会った子供、留太郎は、みさをの弟ではなく、子供であることが判明。そう、江夏みさをは17歳にして、なんと子持ちの出戻りなのであった……。

 そんな出だしの、コブ付きラブコメ。ラブコメとして設定は特異だとは思いますが、基本的な展開は非常にオーソドックス。シリアスとコメディの比率は7:3くらいでシリアスの方が多く、今後三角関係も多発するのでそのあたりで好き嫌いが別れると思います。特に物語ラストで、主人公のコウともう一人のヒロイン、佐倉恵との顛末は、展開上仕方ないとはいえ非常にやるせなかったです。三角関係物にしろハーレム物にしろ、あきらかに最終的に報われないことがわかってるキャラっていうのは、ホント見ていて辛いですね。しかも、コウの性格がこれまた仕方ないとはいえかなりな優柔不断、自分勝手なので、読んでいてけっこうきつかったです。もう一本のストーリーの軸である、床屋の息子であるコウが調理師を目指すという自分探し的な部分は、非常に面白かったんですけどね。現実的なのかもしれないけど、イコール面白さとは結びつかない。そんな、惜しい作品だと思いました。

 作者は漫画家生活も長く、代表作も多数という、もはや日本漫画界の大御所の一人なわけですが、正直このママは、高橋留美子「めぞん一刻」を意識してたんだろうなー、という印象がぬぐいきれない作品でもありました。偉大なる作品が他にあったため、それとずらさないわけにはいかない、という部分もあったのかなー。そういう意味では、不幸な作品だったと言えるのかもしれません。ただラブコメがメインの作品って、描く時期を選ぶんでしょうし、どうしようもなかったんでしょうけどねー。

| | コメント (0)

2009/01/31

ギャラリーフェイク

Img187 細野不二彦 著。ビッグコミックスピリッツにて1992年~2005年にかけて連載、全32巻完結。文庫版全23巻発売中。

 元メトロポリタン美術館のキュレーターで、現在は贋作やレプリカを専門に扱うアートギャラリー「ギャラリーフェイク」のオーナーである藤田玲司は、美術界の鼻つまみ者。ブラックマーケットや闇ルートに通じ、盗品や横流し品を裏で扱っているのがその理由だが、フジタは金銭のためだけでなく、むしろ美術品を守るため、裏社会に通じているのだ。美術品を金儲けの道具としか考えていないような相手はやりこめ、逆に真に美術を知る者には、利益度外視で援助を惜しまない。美術品全般に及ぶ深い知識と確かな鑑定眼、また日本画や西洋画の高度な修復技術を武器に、フジタは今日も美術品を求め、また美術界を腐敗させるような輩に立ち向かう。

 細野不二彦と言えば、古くはさすがの猿飛やGu-Guガンモ、中期が愛しのバットマンやママ、太郎、最近ではダブルフェイスや電波の城と、とにかく代表作にこと欠かない作家ではありますが、その中でも私が最高傑作だと思っているのが、このギャラリーフェイクです。美術品のためなら超法規的措置も辞さない、という美術品に対する真摯で筋の通ったダークヒーローっぷりが一番のポイントでしょうか。この部分では、私は美術版ブラックジャックと言えると思っています。

 また、助手のサラやフジタを表舞台に戻そうとする高田館長、トレジャーハンターのラモスに国宝Gメンの知念、香道の家元ジャン・ポール・香元など、サブキャラに魅力的な人物が多いのもポイント。時に相反する立場になったりもしますが、美術を愛するという一点に置いては皆同じなのです。個人的には知念さんの小役人的なところがとても好きでした。

 やろうと思えばいつまでも続けられるマンガだとは思いますし、いつかまた、特別編とかの形でいいので、フジタとサラの姿を見ることができたらいいなー、と思っています。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り