そにしけんじ

2009/10/08

猫ラーメン

Img467 そにしけんじ 著。コミックブレイドMASAMUNEにて2004年連載開始、現在は月刊コミックブレイドにて連載中、単行本は本編3巻+番外編1巻が発売中、以下続刊。

 血統書つきのアメリカンショートヘアーであるウィリアム・トーマス・ジェファーソン3世は、トップモデルである父の大きすぎる期待に反発し、家を飛び出してしまう。そして彼は、寿司職人、自動車教習所教官、医者、スポーツ選手、作家等、職を転々とするが、どれもうまくいかず人生に悲観していたところを、とある屋台のラーメン屋に救われる。その店が出してくれた、煮干しとカツオベースのぬるいスープ、噛みやすい薄いチャーシューに味のしないメンマ、短く切った麺、という猫のためを思ってつくられたラーメンは、彼がラーメン屋を目指すきっかけになるには十分すぎる物であった。やがて屋台を譲られ、大将と呼ばれるようになった彼は、オリジナルの牛乳と鰹節を練り込んだ麺、猫麺を完成させ、ついには自分の店を持つに至る。さぁ、元祖猫ラーメン、本日堂々の開店です!

 そんな設定の、猫が経営するラーメン屋を舞台としたちょっとシュールなギャグ4コマ。大将のサイズは普通の猫と同じですが、二本足で立って菜箸と麺揚げを器用に操ったり、人の言葉を話せたりと、その辺はギャグマンガ仕様。ネタの基本は、ラーメンの内容やサービス方法について大将が思いついたことを、常連客のサラリーマン、田中相手に色々試す、というものなのですが、それがどれもこれも的を外していてとても面白い。太麺と言ってのびたラーメンが出てきたり、冷麺と言ってラーメンに氷を入れたり、おにぎりをサービスしようとするが猫なので握れなかったり、店主のまかないラーメンが猫缶入りだったり、回転寿司ならぬ回転ラーメンを始めてみたり、流しそうめんならぬ流しラーメンを始めてみたり、etcetc……とよくもまぁこれだけネタが続くものです。わりと麺を粗末にする描写が多いのがちょっとアレですが、そのへんはきっとほら、終了後にスタッフで美味しく食べていることでしょう。

 線が太く大ざっぱな絵は明らかに今風ではありませんが、でも下手というわけではないし読みにくさも無いため、ギャグマンガとしてならこれでまったく問題ないと思います。難を言うならば、作者の作品すべてが似たテイストになってしまっている、ということなんでしょうが、どれもこれも一定以上には面白いので私的には問題無し。中でもやはり、この「猫ラーメン」が一番面白いかなー、と最近は特に思うようになってきました。いつまでも読み続けますので、いつまでもこの作風のまま続けてもらいたいものです。

| | コメント (0)

2009/07/15

動物のカメちゃん

Img380 噌(口編に曾)西けんじ(現在は「そにしけんじ」) 著。週刊少年サンデーにて2000年~02年にかけて連載、単行本全5巻完結。

 飼い主、坂本明日香がUFOキャッチャーで遊んでいる間に、マルチーズのラッシーはペットショップ万華堂へと拉致されてしまう。だがそこに待っていたのは、ラッシーと言葉が通じ、人間とも会話ができ、二本足で歩いて甲羅を脱いだり着たりできるという、見た目は亀そっくりの不思議な動物、カメちゃんだった。このままだとペットショップで売られてしまうと察知したラッシーは、明日香の元に帰るため逃げだそうとするが、腹話術や変形を得意とし、さらにメールやホームページ、株価のチェックに余念なしというカメちゃんに、ペースを乱されっぱなし。果たしてラッシーは、実はゴールデンレトリバーが飼いたいという飼い主、明日香の元へと戻れるのでしょうか……。

 そんな感じの、擬人化されたカメをトリックスター的なポジションに置いた、ちょっとシュールなショートギャグ。カメちゃんと、カメちゃんによって迷惑をかけられる人や犬が主人公、というのが正しいですね。初期は上記のラッシーやゴールデンレトリバーのジョン、人間(高校生)の葉山雄三や烏丸正治と主人公は入れ代わり立ち代わりな感じですが、2巻途中から小学生の神田はじめが主人公となり、そこでようやく設定が固定されてそのままラストまで行く感じです。カメちゃんの見た目はカメなんだけど、言動がカメとはほど遠いというギャップで笑わせる作品。それ故にシュールな部分が多いですが、そこのツボが合えば非常に笑える作品でしょう。私はもちろん、笑いながら読んでいました。

 作者はこういった人間以外の生き物系ショートギャグがとにかく得意で、これ以外にも「猫ラーメン」「いぬ会社」「ザリガニ課長」等、よく言えば他者の追随を許さない、悪く言えば同じような作品ばかりではありますが、どれも変わらず面白いです。個人的には、このカメちゃんか猫ラーメンかの二択ですかね。ずっと読み続ける所存ではありますが、またいつか、サンデーに戻ってきてくれる日を待っています。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り