入江紀子

2009/11/10

めとろガール

Img495 入江紀子 著。近代麻雀オリジナルにて1990年~92年にかけて連載、単行本全2巻完結。

 大学時代に好きだった人は、麻雀同好会に所属していた。それがきっかけで麻雀を覚え、ものの見事にハマってしまった山瀬絵里は、その先輩に彼女がいるとわかった後も、大学を卒業しお茶くみOLになった後も、毎日のように麻雀を打ち続けていた。そんなある日、山瀬は大学時代からの行きつけのフリー雀荘のマスターに、いっそメンバーにならない? と誘われる。楽しくはないけれど楽なOL生活を辞めて、一番好きなことを仕事にする。悩んだ挙げ句、山瀬はついに会社へ辞表を出し、雀荘のメンバーとしての一歩を踏み出すが……。

 そんな出だしの、雀荘のメンバー(従業員)を主人公とした麻雀マンガ。今までは趣味としての対象であった麻雀が、仕事としての対象となることで、今まで気付いていなかった麻雀の様々な面に山瀬が気付いていく、と言う感じのストーリーです。好きが高じて仕事にしてしまうというのは理想論とも言えるかもしれませんが、麻雀という行為に対して一途とも言える山瀬の態度は、やはり見ていて応援したくなります。立場がメンバーなのでまず勝敗ありきという話にもあまりなりませんし、設定も非常にうまかったんじゃないでしょうか。麻雀雑誌に載る漫画としてはおそらく異色だったのでしょうが、面白い作品でした。

 作者はその後、麻雀漫画は一切描いていないというか、そもそも単行本で麻雀はほとんどやらないと書いていますので、続編とかはさすがにあり得ないんでしょうね。しかしそうなると、一体どんなきっかけがあってこの作品を描くことになったのかが、ちょっと気になります……。やっぱり当時はまだ新人だったわけで、仕事もらえるならなんでも描きます、という感じだったのかなー。

| | コメント (0)

2009/09/17

のら

Img444 入江紀子 著。シンバットにて1991年連載開始、以後掲載誌をヤングクラブ、コミックガンマ、スピリッツ21と変えつつ断続的に掲載。画像は竹書房版の単行本3巻まで未完。後にアスキーよりアスペクトコミックスとして、単行本全3巻完結。

 歳は知らない。誕生日も知らない。戸籍も無い。住民票も無い。親も兄弟も親戚もいない。帰る家は時々あるけど、普段は無い。自称木の股から生まれた、二十歳前に見えるその女性は、名前ももちろん、無い。「だから、好きな名前で呼んで。ずっとそうしてきたから――」 失恋し、やけ酒を飲んだ後の繁華街で出会い、そのまま泊めてと小林が一人暮らしをしている部屋まで付いてきた彼女は、こともなげにそう言った。「出てけって言われたらすぐ出てくよ」 あっさりそう言う彼女は、出てけと言わない限り、本当に出て行きそうもなかった。だけど、何日か経って、不意に情が移りそうになったとき……。彼女はコンビニに行くとでかけ、そのまま帰ってはこなかった。のら……彼女と袖すり合った人たちは、人の優しさと、ぬくもりと、そして自由を思い出す。

 そんな感じの、住所不定年齢不詳の名無し少女、通称「のら」を中心とした、彼女に関わった人たちの綴るオムニバスストーリー。一番呼ばれる名前がのらなのであって、他の名前で呼ばれている事もあります。物語の基本は、のらが誰かの家に居候したり、野宿したりと、特に目的もなく(あるのかもしれませんがその辺は不明)自由に生きているのを見た他の登場人物が、彼女に感化されることで、気づけていなかった新しい生き方、視点等に気づいていく、というものです。のらの性格や生き方ももちろんいいのですが、のらに関わった人たちが、のらから影響を受けて変わっていく様というのが、読んでいてとても心地いいんですよね。こう書くとのらはまるで幸せを運ぶ妖精のようですが、実際作中では、のらはまるで実在の人物ではなく、どこかファンタジックな存在として意図的に描かれている事もあります。戸籍無し住所無し名前無しという、一見それは無理と思える設定までもが、のらが不確かな存在であるというイメージに一役買っている感じでした。

 この作品にはきちんとした最終回というものが多分無く、未完状態で終わっているわけですが、それすらもこの作品の一部なんだ、という気分です。いつかひょっこり、のらは帰ってくるかもしれない。そう思わせる終わり方が、この作品に一番似合っているのは間違いないでしょうし。でも、二度と同じ人の所には帰ってこないんでしょうけどね。だから登場人物たちは思うのでしょう。願わくば、のらが今日もどこかで、自由に生きていますように、と……。人の優しい気持ちを思い出せる、素晴らしい作品でした。

 作者の作品は、この作品を含む初期の数作以外はほぼすべて女性誌掲載作品でして、現在も活躍の場はそちらなのですが、最近は年に1、2作しか作品を発表していない……のかな? ずっと追ってはいたつもりだったのですが、情報が少なくて、単行本も持ってたり持ってなかったりという状態だったりします。個人的にはこの作品が一番好きなわけですが、続編をなんて贅沢は言わないので、定期的に作品を読めるようになればいいなー、と思っています。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り