いけだたかし

2009/11/25

FADE OUT

Img510 いけだたかし 著。月刊サンデーGXにて2000年~04年にかけて断続掲載、単行本1巻まで未完。画像はメディアファクトリー版単行本全2巻完結。

 14歳の誕生日を迎えたその日、中学2年生の阿賀野こかげの身には、知らない声が聞こえたり、突然足が透けだしたりといった、不思議なことが起こり始める。父が言うには、実は阿賀野家は唯一残った幽霊族の末裔であり、長女が14歳になると、幽霊族としての力に目覚めるのだという。力に目覚めたことで見えるようになった祖母の話によれば、元々地球には霊界と物質界があり、幽霊族だけがその二つの世界を自由に行き来して栄えていたらしい。だがこかげにとっては、能力に目覚めたからと言って、ただ祖母の幽霊が見えるようになっただけの話にしか思えなかった。そんなある日、こかげはクラスメイトから、こかげの幼なじみであるトシアキを紹介して欲しいと頼まれる。話の流れで承諾せざるをえなかったこかげは、仕方なしにそのことをトシアキに伝えるが、こかげはその時まだ気付いていなかった。自分はトシアキの事なんか別にどうとも思ってないと意識するたび、能力に目覚めた身体は不安定となり、消えてしまいそうになることに……。

 そんな出だしの、ちょっとオカルトチックなハートフルストーリー。ストーリーはこの後、主に辺りを漂う残留思念等から人の想いを感じ取れるようになったこかげが、飛んだり霊と話をしたりといった能力を使って、人助けをしていく、という感じで続いていきます。コンセプトは悪くないと思うのですが、惜しむらくは展開がややちぐはぐだったこと。特に大きな不満点が2つあり、まず一つめは、突然吸血鬼が出てくること。この作品の大前提として、霊界と幽霊族というオリジナル設定があるわけですが、それらの設定では空想上の産物である吸血鬼が実在する、という説明には成り得ません。故に、キャラクターの統一性が感じられず、世界観を壊してしまっていると思います。もう一つは、幽霊族の先輩であるシイネや、人より強い力を持った存在という意味での吸血鬼が何度か口にする、「人間ごとき」というセリフに対する答えが最後まで無いということ。ラストまで引っ張れるテーマであっただけに、てっきり最後にその答えがあると思っていたんですが、無くてがっかりでした。一応最終回で、薄ぼんやりと言及しているようにも見えますが、もっとはっきり締めることができたであろうだけに残念です。ただ2つめに関しては、もしかしたら打ち切りということで、そこまでできなかった、ということなのかもしれませんけどね。

 そして最後に一点だけ。最終回のストーリーがガールミーツガール物なわけなんですが、この精神が時を経て「ささめきこと」に繋がっている、ということであれば、正直それだけでこの作品の価値が……なんて言うのはまったくフォローになっていませんねごめんなさい。そしてもう一点(しつこい)そのそのささめきことなわけですが、どうか話が無駄に引き延ばされたりしませんように……。アニメ化のせいで連載延長とかフツーにありそうで、ホント心配です。単行本表紙を春夏秋冬、そして再び春、とかで5巻で綺麗に終わってくれてよかったんだけどなー。

| | コメント (0)

2008/11/02

ささめきこと

Img235 いけだたかし 著。月刊コミックアライブにて2007年から連載中、単行本は現在3巻まで以下続刊。

 可愛い女の子にすぐ恋してしまう女の子、風間汐。その汐の親友である村雨純夏は、汐に恋しているという気持ちを、ずっと心の底に閉じこめていた。

 百合コメマンガとでも表現すればいいでしょうか。表紙からもわかるとおり、距離感をとても大事にしているマンガです。百合部分はあこがれの域をまだまだ出ず、18禁な描写はまったくありません。コメディ部分は純夏の片思いをネタにしたものが多く、笑えます。

 1、2巻の時からとにかく非常に丁寧な話のつくりで、大筋としては「汐を見守る純夏」であり、あたたかくも切ない話が続きます。そして3巻にてついに純夏の気持ちがあふれだし、汐もとうとうそれに気付いたようで、このあと二人は一体どうなってしまうんだろう、というもういてもたってもいられない状態です。(汐が本当に気付いたのかどうかは、単行本3巻時点では不明)

 続きがものすごく気になるのですが、3巻ラストでもうクライマックスにかなり近づいてると思うので、個人的にはすっぱり4巻で幸せなラストを迎えて終わってほしいなー、とか思っています。ただ表紙が1巻が春、2巻が夏、3巻が秋なので、4巻冬で終わってもいいんですけど、5巻再び春で完結、でもいいかなー、とも思っています。

 作者のいけだたかしは、調べてみたら昔サンデーGXで落語天女おゆいやFADEOUTを描いてた人でした。その当時サンデーGX購読してたけど、両方ともあんまり覚えてません、ごめんなさい。

※2008年度(俺的)マンガランキングノミネート作品

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | 単行本感想 | あさりよしとお | あずまきよひこ | いけだたかし | かがみふみを | こうの史代 | そにしけんじ | たがみよしひさ | ちばあきお | ひな。 | ふくやまけいこ | まるのすけ | みさき速 | むんこ | ゆうきまさみ | モリタイシ | 井原裕士 | 佐野妙 | 入江紀子 | 八木教広 | 叶恭弘 | 吉崎観音 | 和月伸宏 | 大井昌和 | 天野こずえ | 宇仁田ゆみ | 宮原るり | 小川一水 | 小池恵子 | 山口舞子 | 山名沢湖 | 山東ユカ | 岡崎二郎 | 岩原裕二 | 島本和彦 | 幸村誠 | 弓長九天 | 志村貴子 | 手塚治虫 | 施川ユウキ | 日本橋ヨヲコ | 星里もちる | 暁月あきら | 曙はる | 木尾士目 | 東屋めめ | 東村アキコ | 板垣恵介 | 林家志弦 | 栗橋伸祐 | 桂明日香 | 桜場コハル | 森薫 | 椎名高志 | 氏家卜全 | 水上悟志 | 渡辺航 | 湖西晶 | 皆川亮二 | 矢上裕 | 祥人 | 秋月りす | 竹内元紀 | 紫堂恭子 | 細野不二彦 | 緋采俊樹 | 羽海野チカ | 能田達規 | 芳崎せいむ | 荻野眞弓 | 藤田和日郎 | 西尾維新 | 近藤るるる | 重野なおき | 野広実由 | 金田一蓮十郎 | 長谷川裕一 | 雷句誠 | 青山広美 | 高橋留美子 | CLAMP | OYSTER | kashmir | アニメ・コミック | 日記・コラム・つぶやき | 読み切り